Pecos(ペコス) レッドウィング


その履きやすさから
人気がある「ペコスブーツ」の
商標を持っているブランドは?
ティンバーランド
チペワ
ウエスコ
レッドウィング(答)
34%

レッドウィング (Red Wing) は、アメリカミネソタ州発祥のブーツメーカー。

概要[編集]
1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという街で、チャールズ・ベックマンが14人の仲間と共に「Red Wing Shoe Company」という名の小さな工場を設立。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

Pecos(ペコス)
シューレースがない長靴タイプのワークブーツ。牧場や農場、製油所などの労働者たちに用いられ、その町の名からペコスと名付けられた。
引用元:レッドウィング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0