ブレネクユキコ


「キャラ弁」に関する本を
多数出版しているアメリカ在住の
フードデザイナーは?
コキネユクレブ
ブレネクユキコ(答)
33%


弁当のおかずでおなじみの
「タコさんウインナー」を考案
した料理評論家は◯道子?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しょう(答)
「尚道子」
引用元:「尚道子」タコさんウインナー、岸朝子の姉 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/35605/

ブレネク ユキコは、アメリカ在住のフードデザイナー[1]。
略歴[編集]
武蔵野美術短期大学卒業。(株)サンリオのキャラクターデザイナーを経て、子ども向けの菓子・料理の本を出版[1]。
2000年に著者名が明記されている本としては最初のキャラ弁レシピ本を出版。その後2010年8月までにキャラ弁関係の著書だけで16冊を出版している[2]。
引用元:ブレネクユキコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%82%B3

キャラ弁(キャラべん)とは、弁当の中身を漫画、アニメ、芸能人等のキャラクターあるいは自動車などのメカ、風景などに模したものをいう。

戦後、たこさんウィンナーなどキャラクター的なおかずを付けることが、広く行われるようになっていった。
料理研究家の沢田澄子が1974年5月に出版した『すぐに役立つ子供のお弁当』で、たこさんウィンナーなどのおかずだけでなく、ご飯の上にそぼろや海苔を使って猿の顔や自動車などを描いている。他にもパンで立体的な自動車を作るなど、現在のキャラ弁の萌芽がここに見られる[2]。しかしながら、まだキャラクター弁当(キャラ弁)という名称は使われていない。
キャラクター弁当の全国紙での初出は、1997年の朝日新聞だが、1996年の北海道新聞の投書欄には、「キャラクター弁当」を勧める投稿がある。出版物では、1993年にブティック社から『キャラクターで作ろうかわいいお弁当』が出版されている[3]。
著者が明記された出版物としては、アメリカ合衆国在住のブレネクユキコが2000年3月に出版した『キャラクターいっぱいのおべんとう』が早い。その後、ブレネクはキャラ弁関係の出版を重ね、キャラ弁関係の著書だけで16冊を出版している(2010年8月現在)[3]。
引用元:キャラ弁 – Wikipedia http://ja.wikibuff.info/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E5%BC%81