「ナポリ」エスプレッソ発祥の地


エスプレッソコーヒー
発祥の地とされている
イタリアの都市は?
フィレンツェ
ミラノ
ナポリ(答)
トリノ
32%

ウェブで調べましたが、「ナポリ」が発祥の地とされる具体的事実はわかりませんでした。

エスプレッソ(espresso)は、元は、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことである。普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタスとも呼ばれる。demiは半分、tasseはカップの意である。
「エスプレッソ」は抽出方法なので、紅茶でも可能であり、例えば、キリンビバレッジの缶飲料「午後の紅茶」シリーズの一つとして、「エスプレッソティー」シリーズが発売されている。

ドリップコーヒーやサイフォン式のコーヒーのように圧力を一切かけずに抽出するのと違い、高圧力で抽出し濃厚なコーヒーを淹れる方法として、エスプレッソマシンはデミタスカップの誕生から1世紀後の1901年にルイジ・ベゼラによって開発された。この特許を買い取ったデジデリオ・パボーニが1906年のミラノ万国博覧会に< ベゼラ>という名前で出品したのがエスプレッソの起源であり、1杯ずつ注文に応じて淹れる手法がトルココーヒーで既に定着していたイタリアで広く受け入れられた。
現在多く用いられている電気式のマシンは、1961年にエルネスト・バレンテによって開発された。日本でエスプレッソドリンクが広く受け入れられるようになったのは、スターバックスをはじめとするシアトル系コーヒーショップがチェーン展開されたことが大きい。
引用元:エスプレッソ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD

エスプレッソ発祥の地と言われる南イタリア・ナポリを代表するキンボ。
「ナポリ伝統の味を、コーヒーを愛する全ての人達に提供すること」をビジョンとして掲げ
真のナポリコーヒーを生み出しています。
濃厚でコクが強く芳しいアロマを放つキンボの真のナポリコーヒーは
50年以上の間、世界中から熱狂的な支持を受けています。
引用元:ブランドストーリー|キンボについて|KIMBO http://montecp.jp/kimbo/about/story/

エスプレッソマシンの起源は?
Answer
エスプレッソマシンは19世紀のイタリアで産声をあげます。1855年、エスプレッソマシンの原型ともいえる巨大パーコレータ−からインスピレーションを得て、1903年にBezzera社の創業者であるイタリア人の実業家ルイジ・ベッツェーラによって世界初、業務用のエスプレッソマシンが誕生したのが最初です。
その後、1933年には現在、世界的なエスプレッソ専業メーカーとして知られるilly社の創業者であるフランチェスコ・イリーがセミオートマチック・エスプレッソマシンの原型を開発。これによってさらにエスプレッソの濃厚な香りや美味しさが引き立ち、イタリア人にとって欠かせない飲み物として定着しました。
引用元:エスプレッソマシンの起源は? | よくある質問 エスプレッソQ&A デロンギ http://barista.delonghi.co.jp/espresso/qa03.html