『おじさんのかさ』佐野洋子『ノンちゃん雲に乗る』石井桃子


次の子ども向けの本を
作者ごとに
グループ分けしなさい
44%

佐野洋子松谷みよ子石井桃子
ちいさいモモちゃん
100万回生きたねこ
おじさんのかさ
ノンちゃん雲に乗る

おじさんのかさ
講談社の絵本
オジサンノカサ
作・絵:佐野 洋子

雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。
引用元:『おじさんのかさ』(佐野 洋子)|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061318809

『ノンちゃん雲に乗る』(ノンちゃんくもにのる)は、1951年に出版された石井桃子の児童文学作品。
1955年に鰐淵晴子の主演で映画化された。また、2008年12月24日には作品をモチーフにオリジナル楽曲として大橋のぞみのCDアルバム『ノンちゃん雲に乗る』が発売された。

あらすじ[編集]
8歳の女の子、田代信子(ノンちゃん)は、ある春の朝、お母さんと兄ちゃんが自分に黙って出かけたので、悲しくて泣いていた。木の上からひょうたん池に映る空を覗いているうちに、誤って池に落ちてしまう。気がつくとそこは水の中の空の上。雲の上には白いひげを生やしたおじいさんがいて、熊手ですくって助けてくれた。ノンちゃんはおじいさんに、自分や家族の身の上を打ち明ける。
舞台には作者が幼いころ遊んだ浦和の町の神社や池が使われている。
引用元:ノンちゃん雲に乗る – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E9%9B%B2%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8B