アレックス・ファーガソン デビッド・モイーズ ジョゼ・モウリーニョ


次の人物を
イングランドのサッカークラブ
マンチェスター・ユナイテッドの
監督を務めた順に選びなさい
アレックス・ファーガソン
デビッド・モイーズ
ジョゼ・モウリーニョ
46%

マンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブ(英語: Manchester United Football Club、イギリス英語発音:[ˈmænʧistə juːˈnaitid ˈfutˌbɔːl klʌb] マンチスタ・ユーナイティドゥ・フトゥボール・クラブ)は、イングランド・マンチェスターをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称は赤い悪魔(The Red Devils)もしくはレッズ(The Reds)。

世界屈指の人気・規模を誇るクラブであり、2012年に大手市場調査会社であるカンター社により、ファンの数が世界人口のおよそ11人に1人にあたる6億5,900万人との推定が発表され、フットボールに限らず全てのスポーツクラブの中で世界一ファンの多いクラブであるとの報告が発表された。2017年にアメリカの経済誌『フォーブス』が発表したクラブの資産価値では、同クラブの資産価値が36億9000万ドルと算定されており、世界のサッカークラブの中では5年ぶりに第1位である[2]。2015-16シーズンのクラブ収入は6億8900万ユーロと算定されており、12年ぶりに第1位である[3]。

アレックス・ファーガソン時代の栄光[編集]
長い低迷期を終わらせたのは、スコットランド人監督、アレックス・ファーガソンである。1986年に就任した彼は若手の育成と、暴れ馬と呼ばれた選手たちの融合に見事成功。現在に至る常勝軍団の系譜をスタートさせる。

ファーガソンの退任からモウリーニョの就任まで[編集]
2013年5月、27年間監督を務めたファーガソン監督が退任[21]、後任はエヴァートンFCを11年にわたり率いたデイヴィッド・モイーズが就任した。[22]移籍市場ではモイーズ監督のエヴァートン時代の教え子であるマルアン・フェライニを獲得し、冬の移籍市場ではチェルシーFCからファン・マタを獲得した。しかしスウォンジー・シティに史上初めてホームで敗戦を喫したり、プレミアリーグ以前も含めて史上初となるマージーサイド・ダービーの2強(エヴァートンとリヴァプール)に揃って2連敗するといった、記録的な敗戦も含めて成績が低迷しチャンピオンズリーグ出場権を逃した事(1994-95シーズン以来)により2014年4月22日、同シーズン限りでの解任が発表され[23]、2013-14シーズンの残りについてはライアン・ギグス(兼任コーチ)が暫定監督に就任すると発表した[24]。そしてチームは7位で終了。25年ぶりにヨーロッパのカップ戦を逃すこととなった。

モウリーニョ新体制[編集]
2016-17シーズンよりモウリーニョ体制。夏の移籍市場ではズラタン・イブラヒモビッチ、ヘンリク・ムヒタリアン、エリック・バイリーや下部組織出身のポール・ポグバを獲得した。フットボールリーグカップでは決勝でサウサンプトンを下して、モウリーニョ体制で初のタイトルを獲得した。プレミアリーグでは失点数がリーグ2位の29と堅守を披露し、クラブレコードのリーグ戦25試合連続無敗を記録したが、そのうち12試合で引き分けるなど勝ちきれない試合が続いて勝ち点が伸びず、結局ヨーロッパのカップ戦出場圏外の6位に終わった。しかし、ヨーロッパリーグでは決勝まで勝ち進み、決勝でアヤックスに2-0で勝利して同大会初優勝をあげ、欧州CL出場権を獲得した。また、ヨーロッパリーグの優勝によりユヴェントス、アヤックス、バイエルン、チェルシーに次いでUEFA主催の主要3大会を制覇した5番目のクラブとなった[26]。

モウリーニョ体制2年目である2017-18シーズン。13年チームに在籍したウェイン・ルーニーが退団したが、エヴァートンFCからベルギー代表FWロメル・ルカク、SLベンフィカからスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフを獲得した。
引用元:マンチェスター・ユナイテッドFC – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89FC