ホセ・ルイス・「チラベルト」


FKからの得点でも有名だった
1998年と2002年の2度のW杯に
出場したパラグアイのGKは
ホセ・ルイス・◯◯◯◯◯?
チラチルス
バンデェマ
オスベラド
チラベルト(答)
72%

ホセ・ルイス・フェリックス・チラベルト・ゴンサレス(José Luis Félix Chilavert González、1965年7月27日 – )は、パラグアイ・ルケ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。日本ではサムデイと業務提携を結んでいる。

PKやFKを決めるGKとして有名[1]。

2002年に開催されたW杯日韓大会でチラベルトを含むパラグアイ代表が長野県松本市をキャンプ地として使用したのを記念して、松本市では同年から「チラベルトカップ」が開催され[2]、現在に至るまで長野県内の3種(中学生年代)・4種(小学生年代)チームが集う大会として存続している。優勝・準優勝チームにはチラベルトの手形が入ったカップが授与される。またキャンプの際に「素晴らしいスタジアム(長野県松本平広域公園総合球技場)があるのに、なぜプロのクラブがないんだ?」とコメント。当時北信越フットボールリーグに所属していた地元の山雅サッカークラブ(現:松本山雅FC)はこれをきっかけにJリーグを目指すことになったとされる[3]。
引用元:ホセ・ルイス・チラベルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88