『近代柔道』『相撲』


次の格闘技雑誌のうち
ベースボール・マガジン社から
出版されているものを
全て選びなさい
「パワー空手」 パワー空手出版社
「近代柔道」(答)
「GONKKAKU」 イースト・プレス
「週刊プロレス」(答)
「月刊・秘伝」 BABジャパン
「相撲」(答)
「Gリング」
43%

株式会社ベースボール・マガジン社(ベースボールマガジンしゃ、BASEBALL MAGAZINE SHA Co.,Ltd)は、野球をはじめとしたスポーツ・体育関連の雑誌・書籍の発行を主に行う日本の出版社。略称はBBM[1]。本社は東京都中央区日本橋浜町に置く。
社名に“ベースボール”と付いているが、編集プロ時代の1949年に創刊した『ベースボール・マガジン編集・相撲号』(現在の月刊『相撲』)をはじめ、あらゆるジャンルのスポーツ情報誌やムック、書籍を発行している。スポーツ選手のトレーディングカード「BBMスポーツカード」の発売・スポーツ関連のDVDソフトの発売なども手掛けている。
引用元:ベースボール・マガジン社 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E7%A4%BE

『近代柔道』(きんだいじゅうどう)は、ベースボール・マガジン社が発行している柔道の専門雑誌である。

概要[編集]
1979年に創刊。毎月22日に発売される。定価は880円だが特別定価として若干割り増しになる場合が多い。国内外の大会の結果や展望をはじめとして、指導者による技術講座や、活躍している選手の紹介記事などがよく掲載されている。
引用元:近代柔道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%9F%94%E9%81%93

相撲 (雑誌)
『相撲』(すもう)は、ベースボール・マガジン社(BBM)が1952年から発行している相撲(大相撲)専門雑誌。日本相撲協会機関誌である。
前身は1949年発刊の『ベースボール・マガジン編集・相撲号』。その後も『相撲号』(題字は「相撲號」)として「ベースボール・マガジン特集」または「ベースボール・マガジン別冊」の表示を入れた上で発行。1952年から同題。月刊誌で年12回発行され、奇数月号は「○場所展望号」、偶数月号は「○場所総決算号」と呼ばれる(○には初、春、夏、名古屋、秋、九州の各場所名が入る)。展望号は大相撲の番付発表の3日後、決算号は場所後最初の木曜日(番付編成会議の翌日)に発売となる(おおよそ20 – 25日頃)。
相撲専門誌はこれまでに本誌以外にも、NHKサービスセンターより発行の『NHK大相撲中継』と、読売新聞東京本社発行の『大相撲』と、併せて3誌が存在していたが、読売が2010年9月号を最後に休刊し、さらに2011年に八百長問題が発覚したことでNHKも休刊となったため(→参照)、相撲専門誌は2011年から『NHK G-Media 大相撲ジャーナル』(イースト・プレス発行)が創刊される2013年6月まで、本誌だけが唯一残る形となっていた。[1]
引用元:相撲 (雑誌) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%92%B2_(%E9%9B%91%E8%AA%8C)

週刊プロレス(しゅうかんプロレス、WEEKLY PRO-WRESTLING)は、ベースボール・マガジン社(BBM)が発行する週刊のプロレス専門雑誌である。略称「週プロ(しゅうプロ)」。
1955年創刊の月刊誌『プロレス』を原点とし、1983年より週刊化している。巻次(1年=1巻)・通算号数は、月刊時代よりカウントしている。また、週刊化以降の号数もカウントしている(通算号数・週刊化以降の号数は、ともに増刊号も含まれている)。
引用元:週刊プロレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B1%E5%88%8A%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9