埼玉県「入間川部屋」「追手風部屋」


入間川部屋、追手風部屋といえば
どこの都道府県にある相撲部屋?
埼玉県をタッチ(答)
68%

入間川部屋(いるまがわべや)は、日本相撲協会に所属する出羽海一門の相撲部屋。

歴史[編集]
1992年5月場所を最後に現役を引退して、以降は春日野部屋の部屋付き親方となっていた年寄・16代入間川(元関脇・栃司)が、1993年1月に内弟子3人を連れて春日野部屋から分家独立して入間川部屋を創設した。1993年9月場所後に埼玉県与野市(現在のさいたま市)で部屋開きを行った。
学生相撲出身の力士が多く、1994年1月場所において新十両へ昇進した大倭を最初として、現在までに5人の関取を輩出している。師匠の現役時の四股名から取った「司」という字が付けられた力士が多い。2004年にはエストニアからアマチュア相撲の実力者だった北欧司(きたおうじ)が入門して同年5月場所に初土俵を踏んだものの、北欧司は同年9月場所に早くも引退した。現在は12人の力士が在籍している。
引用元:入間川部屋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E9%96%93%E5%B7%9D%E9%83%A8%E5%B1%8B

追手風部屋(おいてかぜべや)は、日本相撲協会所属で時津風一門の相撲部屋。

歴史[編集]
1937年(昭和12年)5月場所に現役を引退して、以降は二十山部屋の部屋付き親方となっていた年寄・8代追手風(元大関・清水川)が、1938年1月に3人の内弟子を連れて二十山部屋から分家独立して追手風部屋を創設した。
以降、小結・清水川や幕内・起雲山、追手山などの関取を輩出したが、1965年(昭和40年)1月に8代が定年退職を迎えたために部屋は閉鎖された。当時関取だった追風山(追手山改め)を始めとする所属力士は立浪部屋へ移籍した。
立浪部屋へ移籍した追風山は、1969年5月に現役を引退して年寄・7代大鳴戸を襲名して立浪部屋の部屋付き親方となった後、同年11月に年寄名跡・追手風を正式に取得して10代追手風を襲名した。1997年(平成9年)8月に10代とその娘婿で同じく立浪部屋の部屋付き親方である12代中川(元幕内・大翔山)は友綱部屋へ移籍し、1998年2月に互いの年寄名跡を交換する形で12代中川が11代追手風を襲名し、同年10月1日付で2人の内弟子を連れて友綱部屋から分家独立する形で追手風部屋を33年ぶりに再興した。

所在地[編集]
埼玉県草加市瀬崎5-32-22
東武伊勢崎線谷塚駅徒歩15分、またはバス利用
引用元:追手風部屋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%BD%E6%89%8B%E9%A2%A8%E9%83%A8%E5%B1%8B