ハンソン


アニメ『ふしぎの海のナディア』
に登場するグランディス一味の
一人で、発明が得意なのは?
ンアジサト
ソャーエハ
ハンソン(答)
38%

『ふしぎの海のナディア』(ふしぎのうみのナディア、英語: Nadia, The Secret of Blue Water)は、日本放送協会(NHK)で1990年4月13日から1991年4月12日にかけて、毎週金曜(湾岸戦争の臨時ニュース等で放送休止有り) 19:30 – 20:00(JST)に放送された日韓合作のテレビアニメ。全39話。

ジュール・ヴェルヌによるSF小説『海底二万里』及び『神秘の島』を原案とし、総監督は庵野秀明、キャラクターデザインを貞本義行が務めた。画面のタイトル題字の「海」は篆書体で書かれており、書家の榊莫山によるものである。

サンソン
声 – 堀内賢雄
27歳。一見長身の優男。その実、ネオ・アトランティス製の人型タンクを、素手で格闘して破壊したこともある怪力の持ち主。射撃の名手でもあり、スピード狂。ジャンにとっては良き兄貴分。
気障な態度で綺麗な女性には、必ずアプローチをかけるが、あくまでも社交儀礼である。また相手から感謝されたりすると、気恥ずかしさからクールに振舞う。詳細は不明だがかつては恵まれない家庭で育ち、後にグランバァ家に仕える運転手となる。グランバァ家が没落して他の使用人が逃げた後も、グランディスを姐さんと呼び付いてきた。過去にグランディスに恋心がなかった訳ではないようだが、作中ではほぼ主従関係の様子。
後にマリーと結婚。
ダンディを気取っているが毎回服が同じなのは『オバケのQ太郎』のパロディ(毎回常に同じ形の服に着替えている)とのこと[誰?]。

ハンソン
声 – 桜井敏治
27歳。小太りの小柄な男で、機械工学の天才であり、ジャンと機械について語り合える数少ない人物。万能戦車グランディスタンク(通称:グラタン。ノーチラス関連を参照)を作る。
サンソンと同様、恵まれない家庭で育った後、グランディスが全財産を失う前からグランバァ家に仕え、修理技師を務めていた。根は純朴な青年。ジャンとは趣味嗜好が非常に似ており、かなり気が合う。
口癖は「そ、そ、そ、そ」[注釈 8]でもある。
最終話では自分の技能を活かして自動車会社を興し、ノーチラス号の仲間の中では一番の出世を果たしている。
引用元:ふしぎの海のナディア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E3%81%AE%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%83%8A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2