『サスケ』


1968年にTVアニメ化もされた
甲賀流の少年忍者を主人公とする
白土三平の忍者漫画は?
イムワケ
サタカス
サスケ(答)
56%

CIMG7192NPBfwnFtaPoQ
次の文字列を順に選んで
ザ・グレート・サスケが
考案したプロレス技の名前にしなさい
サスケスペシャルX
ver.10.2
セグウェイ
(ものまね禁止)
「サスケスペシャルX ver10.2 セグウェイ(物まね禁止)」
引用元:「エルモシージョ」石森太二の決め技 ノア所属 サスケ「サスケスペシャルX ver10.2 セグウェイ(物まね禁止)」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/13429/

103KXHQJgo
漫画『カムイ伝』に登場する
カムイの師匠である伊賀忍者の
名前は◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
あかめ(答)
「赤目」
引用元:「赤目」 『カムイ伝』カムイの師匠 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/24159/

『サスケ』は、白土三平による日本の漫画作品である。光文社の少年漫画雑誌『少年』1961年7月号から1966年3月号まで全55話が連載され、1968年にはテレビアニメ化もされた。

作品解説[編集]
白土三平の代表作の一つ。徳川方の刺客達との戦いを通じて、甲賀流の少年忍者・サスケの活躍と成長を描く。かわいらしい絵柄と裏腹に情け容赦のない展開で登場人物が死に、当時の漫画とは一線を画した作品であった。作中で使用される忍術には科学的な解説による種明かしがされており、当時の読者層だった子供にもわかりやすく丁寧に書かれている。雑誌掲載時のタイトルは1961年7月号から1965年2月号までが『サスケ』で第1部にあたり、1965年5月号から1966年3月号までの第2部は『サスケ第2部』となっていた。

当初は『少年』本誌での連載だったが、1961年12月号より本誌とその付録本に連載する形となる。付録本には本誌の続きが掲載されていた。その後1962年7月号と8月号の複合付録本(他の作家の漫画と併録形式の付録本)『少年漫画ブック』での掲載を経て、付録本での連載となった。1966年1月号から3月号までの最終3話分は複合付録本『少年パンチ』での掲載となっている。

1963年、白土は本作と『シートン動物記』で第4回講談社児童まんが賞を受賞。1968年にはテレビアニメ化され、それと併せてリメイク版が『週刊少年サンデー』(小学館)に連載された(後述)。
引用元:サスケ (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%B1_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

白土 三平(しらと さんぺい、1932年2月15日 – )は、日本の漫画家。東京府出身。男性。本名は岡本 登(おかもと のぼる)。A型。『忍者武芸帳 影丸伝』『サスケ』『カムイ伝』など忍者を扱った劇画作品で人気を博した。

父親はプロレタリア画家の岡本唐貴。妹は絵本作家の岡本颯子。弟の岡本鉄二は「赤目プロ」で作画を担当、岡本真は「赤目プロ」マネージャー。
引用元:白土三平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%9C%9F%E4%B8%89%E5%B9%B3