ダチトモーズ


漫画『フルーツバスケット』に
登場する名コンビ
ダチトモーズ(答)
36%

フルーツバスケットは高屋奈月による花とゆめで連載されていた少女漫画。全23巻。

なお、過去に同名の漫画があったが、まったく無関係である。

ギネスで 世界中で一番売れた少女漫画 に認定されている。

古本屋にいけばかならずといっていいほど置いてあるので是非読んでほしい。

【あらすじ】

主人公の本田透はわけあってテント暮らしをしていた。
ひょんなことから学校のプリンスでありクラスメイトの草摩由希、彼のいとこで家主である草摩紫呉の家でしばらくお世話になることになる。
するといきなり屋根を破って人が現れ、由希にケンカを吹っ掛ける。それを透が止めようとしたところから物語は動き出す。

草摩家には十二支+猫の物の怪憑きの呪いがかかっており、該当する干支の動物に変身してしまう。
そのため、心に何らかの傷を抱えた登場人物の葛藤と再生と成長が軸になっている。

◆ダチトモーズ
お笑いコンビではないよ。
モブキャラでありながらいつのまにか夾の友人となりいつのまにかフルーツバスケットのお笑いパートの常連になった奇跡のコンビ。しかし、名前はない。
似たような境遇のキャラにクラス委員長や文化祭の劇の脚本家、ありさの舎弟などがいる。
引用元:フルーツバスケット – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/21244.html