沢井美優、北川景子、小松彩夏


次のうち、特撮番組
『美少女戦士セーラームーン』で
セーラー戦士を演じた
女性タレントを1つ選びなさい
南明奈
秋山莉奈 『仮面ライダー電王』
芳賀優里亜 『仮面ライダー555』
神戸みゆき ミュージカル版『セーラームーン』
沢井美優(答)
白鳥百合子 『仮面ライダー電王』
北川景子(答)
小松彩夏(答)
64%

『美少女戦士セーラームーン』(びしょうじょせんしセーラームーン)は、2003年10月4日から2004年9月25日まで放送された武内直子の漫画作品『美少女戦士セーラームーン』を原作にしたテレビドラマ。本編全49話。

プロデューサー 岡﨑剛之、竹澤寿之
出演者 沢井美優
渋江譲二
浜千咲(現芸名・泉里香)
北川景子
安座間美優
小松彩夏、他

1990年代にテレビアニメ化され大ブームとなった武内直子の漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作に、CBC・電通・東映製作によって制作され、TBS系列各局で毎週土曜7:30 – 8:00に放送された。TBS系で東映特撮作品が放送されるのは、『仮面ライダーBLACK RX』(MBS製作)以来15年ぶりである。また、女児向けの特撮テレビドラマとしては『有言実行三姉妹シュシュトリアン』以来10年ぶりとなる。
プロデューサーの白倉伸一郎によると、既にミュージカルが成功していたことから、映画監督の那須博之がモーニング娘。主演で実写映画化を企画したが諸事情で実現しなかった[注 2]。しかし、この案が関係者の脳裏に焼き付いたことでテレビドラマ化が企画され、企画を横取りしてしまったお詫びにと那須は実写映画『デビルマン』の監督に選出されたという。
原作者の武内直子が審査に参加したセーラー戦士役のオーディションが開催され、全国1100人以上の希望者から選ばれたスターダストプロモーション[注 3]所属のファッション・グラビアモデル出身の沢井美優、泉里香、北川景子、安座間美優、小松彩夏が選ばれた。本作で女優デビューした北川景子は「演技の基本を学んだ大切な作品」と語っている。セーラー戦士役の五人は現在でも仲が良く、定期的に「戦士の集まり」と呼ばれる女子会を開いている。一部の出演者は本作終了後、『仮面ライダーシリーズ』や『スーパー戦隊シリーズ』などに出演している。

レギュラー・準レギュラー[編集]
月野うさぎ / セーラームーン / プリンセス・セレニティ – 沢井美優
水野亜美 / セーラーマーキュリー – 浜千咲(現・泉里香)(幼少期:松元環季)
火野レイ / セーラーマーズ – 北川景子(幼少期:田中明)
木野まこと / セーラージュピター – 安座間美優(幼少期:鳴海美翔)
愛野美奈子 / セーラーヴィーナス – 小松彩夏
地場衛 / タキシード仮面 / マスター・エンディミオン – 渋江譲二
引用元:美少女戦士セーラームーン (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『美少女戦士セーラームーン』(びしょうじょせんしセーラームーン) は、武内直子の漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作としたミュージカル(通称「セラミュ」「セラミュー」など)。
メディアミックスとして原作漫画やテレビアニメと並行し、バンダイ主催で1993年〜2005年にかけて上演されたバンダイ版と、25周年プロジェクトの一つとして2013年からドワンゴ・ネルケプランニング主催で上演されているネルケ版に分けられる。

初代内部5戦士役にはアイドルグループ桜っ子クラブさくら組のメンバーが起用され、初代セーラームーン役は大山アンザ(現・ANZA)が演じた(なお、テレビアニメ『無印』〜『R』 のOP『ムーンライト伝説』を歌っていたDALIが解散してしまい、DALIと同じスターチャイルドに在籍していた大山アンザらが「ムーンリップス」名義で『ムーンライト伝説』を引き継いだ(『S』〜『SuperS』まで)。桜っ子クラブのテレビ放送やイベントで初代5戦士役の女優全員が『ムーンライト伝説』を歌っているが、収録に参加したのは大山アンザと初代セーラーマーキュリー役の森野文子のみだったと言われている)。 タキシード仮面役は初演ではジャニーズJr.の佐野瑞樹だったが、改訂版以降は悪役で出演したジャパン・アクション・クラブ出身の望月祐多(後期の作品ではアクション指導も行っている)に交代し、代替わりした後も代々若手男優が演じていた。

原作・アニメが完結し初代キャストの卒業と同時に終了される予定だったが、キャストを一新して1998年夏の『新・伝説光臨』の上演と続演が決定。2代目セーラームーン役には原史奈が起用され、1999年夏『かぐや島伝説(改訂版)夏休み! 宝石探検隊』まで務めた。1999年夏以降は斉樹潤哉が作詞・総合演出・脚本すべてを取り仕切るようになるが、従来ファンからは「ストーリーが難解で破綻している」と非難を浴びた。
3代目セーラームーン役の神戸みゆきは、2000年冬『新 / 変身・スーパー戦士への道 ラストドラクル序曲』(通算500回記念公演)から出演し、2001年春『ラスト・ドラクル最終章 超惑星デス・バルカンの封印』まで務めた。
4代目セーラームーン役の黒木マリナは、2001年夏『誕生!暗黒のプリンセスブラック・レディ』から出演し、2005年冬『新かぐや島伝説(改訂版)』まで務めた。
2005年冬公演を以て一度休演したが、2013年9月に「セーラームーン20周年記念プロジェクト」の一環として、ネルケプランニングにより8年ぶりとなる新作『La Reconquista』と続編の上演が決定(ネルケ版)。5代目セーラームーン役は大久保聡美が務め、2016年『Un Nouveau Voyage』まで出演した。

2016年の『Amour Eternal』からは内部5戦士役のキャストが一新され、6代目セーラームーン役は野本ほたるが務めている。また、バンダイ版でちびうさ役を演じた竹中夏海が一部振り付けに参加した。
完結編となる2017年の『Le Mouvement Final』では、セーラームーンの最終形態であるセーラーコスモス役に5代目セーラームーン役の大久保聡美が再出演すると発表された[4]。セーラーコスモスが演じられるのは歴代の中でも今回が初。
引用元:美少女戦士セーラームーン (ミュージカル) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3_(%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB)